弔電が送れる通販サイトランキング

弔電も心のこもった物を通販で送る

お葬式にどうしても参列できない場合や、企業としてのお付き合いが長く、亡くなられた方に心をこもった弔電を送りたいと考えるでしょう。ひと昔前であれば、普通の電報でした。しかし、今はインターネットから申し込むだけでなく、通販でカードの種類や贈りものを添えて送ることができます。

心を込めてお悔やみを表すため、弔電と贈りものを送りたいとの事であれば、インターネットで電報のランキングサイトを利用して下さい。どこの企業のがいいのか、また種類やカードなどを選ぶことができます。お悔やみの形を表現するには、まずはこちらから検討して下さい。

電報の言葉を選び、弔電を送る際の贈りものを添えるのも良いでしょう。御霊前に添えていただければ、故人への冥福を祈る気持ちも伝わります。心からお悔やみし、言葉として送るのもとても大事なことです。理由があり、参列できない場合は、是非活用して下さい。

ほっと電報

公式サイトはコチラ

お世話になった方のお通夜やお葬式には、最後のお別れですから、ぜひとも参加したいでしょう。ですが、どうしても都合がつかない、遠方でかけつけられないなどの理由があっていけない時、弔意を表すのに電報は大変適しています。

こちらのランキングサイトは、総合のおすすめ度や、料金等の面を、見やすい星の数で表しています。またそれぞれの会社ごとに、一覧にしてあるので比較検討がしやすいです。口コミも一緒に掲載されているので、客観的な評価が見れます。

上位にランキングされている「ほっと電報」ですが、豊富な台紙が人気です。また台紙以外にも、上品なプリザーブドフラワーや、お花のアレンジメントで電報を送ることができるサービスもあります。特別な弔電を送りたい方にお勧めです。

総合評価 サービス内容
★★★★★ ★★★★★
使いやすさ 満足度
★★★★★ ★★★★★
掲載情報量
★★★★

ハート電報

公式サイトはコチラ

年末年始でも休まずに電報を届けてくれるハート電報は、弔電や祝電を最短当日に送ってくれるサービスが好評です。特に可愛らしいキャラクターのオプションサービスが充実している為、個人や法人で相手の好みに合ったものを選べます。

支払方法はクレジットカードや銀行払いだけでなく、ペイジーや楽天払いと多様性に富んでおり、必要に応じた支払が可能です。法人向けには月末にまとめて請求書で支払えるサービスも存在しているため、企業に便利な支払いができます。

祝電のキャラクターだけでなく、弔電のオプションサービスも充実しているのがメリットです。とくに、桐の箱に入ったお供えの線香やプリザーブドフラワーの供花までそろってるため、シーンに応じて利用しやすくなっています。

総合評価 サービス内容
★★★★ ★★★★★
使いやすさ 満足度
★★★★★ ★★★★
掲載情報量
★★★★

ビジネス電報

公式サイトはコチラ

弔電を送りたいときに、ネットで検索すると、たくさんの会社がヒットします。それぞれサービスも一見似ているようで、でも異なり、どれがいいのか見当をつけるのが難しいです。結局、これでいいやと安易に決めてしまうことになり、お得でなかったり、もっと良いものがあるかもしれません。

こちらのサイトでは、弔電サービスを選ぶときに重要な項目をピックアップして、ランキングしてあります。素人目には一見重要でなさそうな、台紙の品質や、セキュリティーに関してもチェックしてあるので、信頼できるサイトです。

こちらのサイトにも紹介がある電報サービスしている会社で、「ビジネス電報」があります。こちらは弔電だけでなく、お祝い用のものまで幅広く品ぞろえがあります。ビジネス電報は、格安でスピーディさが人気です。当日の13時30分までに注文すれば、即日配達が可能なので、急ぎの際は便利です。また、文字数も多くのせられますし、商品数も豊富です。

総合評価 サービス内容
★★★★ ★★★★★
使いやすさ 満足度
★★★★ ★★★★
掲載情報量
★★★★

エクスメール

公式サイトはコチラ

世界120か国に電報を送信できるエクスメールでは、日本から海外へ、海外から日本へと両方電報を送信できるサービスとなっています。結婚祝いから弔電まで、多数の種類を受け付けているので、送信しやすく便利です。

当日送信も可能となっており、時間帯に応じて送信できるので、弔電のような急な事情の時にも使いやすく便利です。ネット上でスピーディーな送受信が可能となっています。また、オプションも簡単につけられるので、好きなオプションをつけて相手に送れます。

会員登録も簡単にでき、さらに年会費無料となっている為、利用しやすく、電報を送ることが多い人にとってはメリットが多いサイトです。個人だけでなく、法人でも利用しやすくなっており、支払方法も多彩となっています。

総合評価 サービス内容
★★★ ★★★★
使いやすさ 満足度
★★★★ ★★★
掲載情報量
★★★★

早割電報

公式サイトはコチラ

法人や議員向けといった、改まった席に送る電報は、専門的に取り扱っている企業にお願いする事で、先方に失礼なく送ることが可能です。早割電報は、法人・議員向けに送る電報を中心としたサイトとして、注目されています。

弔電のような急を要する物だけでなく、結婚や祝いなど前もってわかっているものを5日以上早めに発注することで割引してもらえます。企業にとって経費節減となる早割システムは、経営者ばかりでなく、担当者からも好評です。

特筆すべきは文字数に対して費用が一切かからない事です。従来の電報では文字数に応じて料金がカウントされている為、費用がかからないように文字数を計算する必要がありました。しかし、早割電報では一切必要なく送信できるため、人気となっています。

総合評価 サービス内容
★★★ ★★★★
使いやすさ 満足度
★★★ ★★★★
掲載情報量
★★★

e-po

公式サイトはコチラ

e-poのサービスが話題になっています。電報の依頼を承る業者で、結婚式やイベント、お祝い事などの祝電や、弔電のご利用などに有用性を発揮します。最短の発送で、お値段もお安いので、多くの方に利用が広がっています。

冠婚葬祭オンライン電報として、インターネット上から申し込みが可能です。例えば、オペラやコーラスのコンサート、ライブなどの前日に、急に祝電を送りたいとお考えになった際にはすぐにインターネット上から申し込みをされるだけで可能です。

電報は、文章です。お電話で直接口頭でメッセージを係りの者に伝えるのが気恥ずかしいというかたにも、このインターネット上で文章を通じて取引できるシステムは重宝するシステムといえるでしょう。ご利用料金に関しても、サイトでご確認いただけます。

総合評価 サービス内容
★★★ ★★★
使いやすさ 満足度
★★★★ ★★★★
掲載情報量
★★★

弔電を送る際に気をつけるべきポイント

年齢を重ねると同時に葬儀に参列する機会も多くなりますが、葬儀は急遽執り行われるものであり参列したくてもできないことも多いのは仕方がないことではないでしょうか。その際には弔電を送ることになりますが、日頃送る機会はほとんどないものだからこそ、注意しておかないとマナー違反となってしまっていたということにもなり兼ねないので気をつけなくてはなりません。
忌み言葉を使わないという基本的な点はもちろんのこと、送るタイミングも重要になってきます。電報を贈る業者の大半が、例文を用意しているのでそれを使用すれば文章で悩む必要はありません。
しかし例文そのままとなれば、他の人の弔電と内容が全く同じということにもなり兼ねず、味気もない弔電となってしまいます。
一言自分なりのメッセージを添えておくこともポイントとなってくるのではないでしょうか。


弔電を送るタイミングと注意すべき点

現在日本では連絡を取る手段は豊富にあり、電報を利用する機会は日常ではほとんどありません。
しかし年齢を重ねるごとに冠婚葬祭も増えていき、参列できない際には電報を利用することもあります。葬儀となれば弔電を送ることになりますが、その際にはマナーには十分注意しておかなくてはなりません。
文章に気をつけ宛先も間違えないようにするという基本的な点は勿論ですが、それと同様に重要となるのが送るタイミングではないでしょうか。基本的には告別式が行われる一時間前までに到着するように手配することが大切になりますが、だからと言ってあまりに早すぎる到着も良しとはされません。
今の時代ならば電話で申し込む以外にも、インターネットを利用して申し込むことも可能となっておりその場合には好きなタイミングで申し込めるので、到着が遅れないように手配しましょう。


訃報を聞いた時の電報を弔電という

急な訃報はよく耳に入ります。お世話になった人、親戚でも遠方に住んでいる人、仕事で以前お世話になった人等の訃報を聞いた時どうしても、葬儀や通夜に参列出来ない事が多々あります。この場合に利用するのが弔電です。参列可能でも電報は打てます。
弔電の多くは葬祭会館等の葬儀所に届けられます。この電報は一旦霊前にお供えされます。その後告別式で司会者より2、3通読み上げられますが、後は時間の都合上電報を送った方の芳名のみ読み上げられます。または省略される事も多くあります。
この電報は遺族の方の悲しみを察するような読み上げをされます。また電報の種類はあまり多く無いそうです。形式もほとんど同じで20種類程度しかないそうです。相場も1000から7000円位です。
また弔電の中に自分しか知らないエピソードを挿入する事で故人とどのような関係が有ったか遺族が知る事ができます。