最安の保険料で入れるペット保険の探し方を紹介

最初はペットに保険だなんて大げさなのではと思っている方でも、その必要性を知ればペット保険の加入にきっと興味を持っていただけるはずです。犬も猫も生き物、わたしたち人間と何ら変わりありません。だから病気にかからないという補償はどこにもありません。つまり、ペットを飼うということは餌代のことや散歩ができるかの心配だけではなく、医療費も飼い主の責任で準備しなければなりません。動物病院の前を通ったことがあればその混雑具合を目にしたことがあると思います。家族と変わらず犬や猫をかわいがっている方であれば、異変があればすぐにでも動物病院にかかりたいですし、少しでも長生きしてほしいと願うものです。そこで、どのようなペット保険があるのか、どのようなポイントをチェックしていけばよいか探し方を紹介します。

ペット保険に加入してもしものときに備える

そもそもペットにかかる治療費は飼い主の全額負担です。はじめてペットを飼う方は、この当たり前で大切な事実にあまり気づいていないことがあります。最近のペット業界では、ペットの高齢化も話題になっています。医療の進歩や飼育環境の改善などにより寿命が延びているのです。ペットの通院、手術、入院は現実的なこととして考えておかなければなりません。そこでペット保険の出番です。日本ではまだ加入率は低いですが、欧米諸国では広く知られています。人間の保険と同じように、ペットが病気や怪我で通院、手術、入院が必要になったときに、費用の一部分を保険でまかなえる商品です。商品によって加入できるペットの年齢が決まっています。高齢になるにつれて保険料があがる商品もありますし、補償内容を限定したものであれば保険料に変動がない商品もあります。インターネットで申し込みが手軽にできるものもあります。

ペット保険に加入するときにチェックしておきたいポイント

次に、ペット保険をチェックする時のポイントをいくつか紹介します。まずは、掛け金とカバーされる補償内容です。掛け金は商品によってさまざまなので、比較サイトなどを上手に使って補償内容と比べてみましょう。ここで気を付けたいポイントが「免責金額」です。免責金額を超えないと保険がおりません。つまり、いくら掛け金が安くても、免責金額が高い設定だと結局は治療費が自分の持ち出しばかりになってしまうので注意しましょう。高齢になったときの掛け金の上がり方もチェックしておくと良いでしょう。他にも飼い主自身の入院などでペットの世話ができなくなったときのペットホテル利用や、ペットのお葬式費用、誰かを傷つけてしまったときの賠償責任など特約が付けられるものもあります。このように、ペットとの暮らし方やご自身が考える心配と、掛け金を考えながらペット保険を選んでいくことが大切です。