弔電が送れる通販サイトランキング

     

トップ > 弔電の豆知識 > お悔やみの言葉と弔電の注意点

お悔やみの言葉と弔電の注意点

 身近な人は勿論、知人が亡くなってしまうことはとても悲しいことであり、できることならば葬儀に参列するべきです。しかし、何らかの事情から参列できないということもあるのではないでしょうか。
 その際にお悔やみの気持ちを伝えるための方法の一つとしてあげられるのが弔電です。電報自体を送ることが珍しくなった今の時代ですが、弔電を送ることでより改まったお悔やみの気持ちを伝えることができます。その際には、ただ送れば良いという問題ではないことも頭に置いておかなくてはなりません。
 お悔やみの言葉にマナーがあるように、弔電を送る際にもマナーには十分注意しておく必要があります。忌み言葉を使わないというのは常識であり、繰り返し言葉など不幸が続くことをイメージさせる言葉は避けましょう。弔電で気持ちを伝えるためには、必要最低限のマナーは守れていることが前提となってくることを忘れてはいけません。


 葬儀のことを知らず、急に知ったからと焦って弔電を手配する場合には特に注意しなくてはいけません。通夜までに届くようにしておくと一番良いとされていますが、最低でも葬儀が始まる前に届くようにしておくという、タイミングが合っていないとマナー違反と捉えられてしまい、気持ちを伝えるどころではなく第一印象から悪くなってしまいます。
 弔電を送るのが初めてとなれば、どんな内容にすれば良いのかで頭を悩ませるのではないでしょうか。例文などもありますが、そのまま送っても気持ちが伝わりにくく心がこもった内容とは言えません。
 例文がある場合でも、プラスで一言自分なりの言葉を付け加えておくと一般的な弔電との差がつくので、より気持ちは伝わるのではないでしょうか。


 文字である弔電でお悔やみの気持ちを心からの想いとして伝えることは、そう簡単なことではありません。伝わるようにと考え長い文章にしてしまう人も中に入るのではないでしょうか。
 しかし弔電は長文なら良いというものでもないということは頭に置いておかなくてはなりません。細かな配慮をし、遺族の気持ちに寄り添った内容にすることがポイントとなってきます。短い文章でまとめるのは難しいと考えてしまいがちで、どんな内容にするべきかで頭を悩ませる人は珍しくはありません。
 ですが、難しいものととらえるのではなく故人に対する感謝の気持ちや楽しかった想い出を振り返るような内容にすると、遺族にも自然とお悔やみの気持ちも伝わる内容となるのではないでしょうか。

次の記事へ