弔電が送れる通販サイトランキング

     

トップ > 弔電の豆知識 > 弔電の台紙選びのポイントとマナー

弔電の台紙選びのポイントとマナー

葬儀に参列できない時にはお悔やみの気持ちを伝えるために弔電を送るという人が多いのではないでしょうか。
その際に頭を悩ませることになるのが台紙選びです。
無料という基本的なものから、線香付きや花付きの有料のものまで様々ですが、内容とグレードによって金額には大きな違いがあります。
相手との関係性で台紙を選ぶようにしておく必要があります。
良かれと考えて高額なものを選ぶ人もいますが、あまりに高額となれば相手がお返しをしなくてはならないということで頭を悩ませることになってしまうので気をつけましょう。
それだけではなく、花となれば会場に飾られている花とのバランスが取れなければ飾ってもらうことができず無駄になってしまう可能性もあります。
高額ならば良いというものではなく、何より大切なのはメッセージ内容ということは確かです。



弔電は葬式で読みあげられることに意味が有ります

葬式に参列できない場合、弔電を送ることになりますが、これは現在ではそれほど意味が有るものではありません。
なぜなら携帯電話があるから、お悔やみを言うのであれば携帯電話で言えば済むからです。
しかし葬式は儀式であり、本来葬式自体もそれほど意味が有るものではないわけです。
儀式と言うのは周りの人間の目を意識したものであり、これをやらないと後で近所周りで非難されるからやっているに過ぎません。
ですから、何らかの事情で葬式に参列できない場合は、弔電を送ってそれを葬式で読み上げてもらうことに意味が有るわけです。
これを読み上げてもらうことによって、葬式に重みが出る部分と言うのがあります。
だから葬式にどうしても参列できない場合は、弔電を送ることは必要であるわけです。
携帯を誰もが持つ現在において電報はその実利的な意味はなくなっていますが、人の評価を上げると言う部分において役立っています。



弔電はあったほうがよいものなのか

家族葬が増えていることからお悔やみの気持ちを伝える機会がないこともあります。
そんな時には弔電を送ってみるとよいでしょう。
今はメールがあるので、メールでお悔やみの気持ちを伝えることもできます。
それでも弔電のほうが葬儀の際に読み上げてくれるので気持ちを伝えることは出来るでしょう。
以前は電話で申し込みを行っており、文章も規定のものを使っていたことが多かったですが、今はインターネットで注文をすることが出来るようになっているので、いつどこに送信をすればいいのかもチェックをすることが出来るようになっています。
どういうものを贈るのかということもインターネットであれば気軽にチェックをすることができるので便利です。
廃れそうですが、メールが一般的になった今でも活用はされています。
価格も幅が広いのでどれがいいのかよく考えてみるとよいでしょう。

次の記事へ