弔電が送れる通販サイトランキング

     

トップ > 弔電の豆知識 > 弔電は定型文をアレンジして打つ

弔電は定型文をアレンジして打つ

電報と言えば、昔は重要な情報伝達手段でした。
電話がない時代でも、遠方から情報を送ることが出来ました。文字数で料金が決められていたので、できるだけ文字数を減らして文章を作成する苦労をしていたようです。今は冠婚葬祭時に利用することが多くなっています。弔電は、故人と何らかの関係のあった人、団体などが喪主に送る電報です。お通夜やお葬式に行けない場合に送ることがありますが、行ける場合に送ることもあります。内容は葬儀で読まれることもあります。より良い文章であれば、読まれる可能性もあります。どんな文章にするか悩むところですが、一からすべて考える必要はありません。多くの業者が定型文を用意してくれているので、それを参考にしましょう。ただし、そのまま使うのは良くありません。他の人とダブることもあります。
多少アレンジを加えて送るようにしましょう。


相手に失礼のない弔電を送るには

故人への弔意を表す弔電は、文面などで悩むことも珍しくありません。その際、特に気を付けたいのは、繰り返しの文言を避けることです。
例えば「度々」や「重ね重ね」をはじめ、「再び」や「再三」なども使わない方が賢明です。しかし、参考例文などが電報業者で用意していますので、実際は自分で考えなくても大丈夫です。ただし電報サービスは複数の業者が取り扱っていますので、申し込みを検討する必要はあります。その場合は、文字数の料金設定などに着目して申し込み先を選ぶと良いでしょう。そのほか、台紙もいろいろ揃っていますが、台紙の種類によりましては当日に配送できない物もありますから、即日に届けたい際は注意が必要です。
一方、斎場などに届ける時は、喪主宛てにフルネームで記載します。そして故人名も記載しておきますと、より確実に届けられます。


弔電は情報を得ないと送ることが出来ない

結婚式に招待されたけども出席できないとき、電報を送るでしょう。
招待されていますから、場所や日時、新郎新婦やその親の名前などもわかっています。招待状にすべての情報があります。一方、誰かが亡くなって通夜や葬式の連絡をもらった場合はどうかです。結婚式のように、十分時間の余裕があるわけではありません。お通夜の当日に連絡が来ることもあります。余裕があっても数日前などです。さらに電話で場所を知らされるだけのこともあります。行くなら場所と時間さえわかれば問題ないでしょう。弔電を送るなら、いろいろな情報が必要です。まず場所と葬儀の時間が必要です。葬儀に間に合わせるように送ります。
そして送る人の名前です。故人ではなく、基本的には喪主になります。行けるかいけないかわからないときも、一応送ることを想定した情報を得ておきましょう。

次の記事へ