弔電が送れる通販サイトランキング

     

トップ > 弔電の豆知識 > 弔電を送るタイミングで注意すべき点

弔電を送るタイミングで注意すべき点

長い人生の間では葬儀に参列する機会は何度かやってくるのではないでしょうか。
訃報を受け取った際には葬儀に参列するに越したことはありませんが、葬儀は急遽執り行うものであり、都合がつかず参列することができないこともあります。
その際に、お悔やみの気持ちを伝えるために役立つものが弔電です。
しかし弔電はいつ送っても良いというものではなく、相手に届くタイミングには十分気をつけておかなくてはなりません。
訃報を受け取るのが遅れてしまい、葬式の時間に間に合わないという場合には送るべきではないということは頭に置いておくようにしましょう。
遅くても一時間前には届くように手配しておくことが最低限のマナーとなっています。
日頃電報を利用することがないからこそ、メッセージ内容など悩むことはありますが送るタイミングにも気をつけましょう。



弔電は葬儀に参列できない時にしか送れないのか

訃報を受け取った際には、葬儀に参列することになり参列できない場合には弔電を送るというのが一般的な考えではないでしょうか。
しかし、葬儀に参列できないはずで電報を申し込んだにもかかわらず参列できることになった場合には、申し込みを取り消すべきか葬儀に参列しないべきかどうかで悩むことになります。
葬儀に参列できることがわかったからと言って、弔電を取り消さなくてはならないというわけではありません。
もちろん、手配したから葬儀に参列してはならないというわけでもないので参列はするようにしておきましょう。
近年では葬儀に参列できる場合でも、お悔やみの気持ちを遺族に伝えることが難しいという理由から弔電を送るという人も増えているので、気持ちを伝えたい時には利用しても問題はないことは間違いないと言えるのではないでしょうか。



弔電を送る際に気をつけるポイント

葬儀に参列できない時には弔電を送るというのは、今の時代でも珍しいことではありません。
しかし日頃送る機会は滅多にないということもあり、いざ送るとなればマナーで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。
メッセージ内容など気をつけなくてはならない点は多々ありますが、一口に弔電といっても様々な種類があります。
大きく分けるとオーソドックスでシンプルな台紙を選んで紙をはさみこむタイプと、商品付のものがあります。
良かれと考えて商品付きのタイプを選ぶ人が多いですが、商品付きのものとなればどれを選ぶのかでより頭を悩ませることになるというだけではなく、受取手を困らせてしまうことにも繋がりかねないので商品付きのものは避けておくべきです。
メッセージ内容に心がこもっていてマナー違反になっていないのかという点を重視しておきましょう。

次の記事へ