弔電が送れる通販サイトランキング

     

トップ > 弔電の豆知識 > 弔電を送る際の注意と宗教による違い

弔電を送る際の注意と宗教による違い

 現在日本は便利な物で溢れており、その代表の一つとなるのが通信機器です。電話やメールで簡単に連絡を取り合うことができるようになりましたが、そんな今の時代でも電報が使用されるシーンもあります。
 その一つとしてあげられるのが葬儀です。身近な人は勿論、知人が亡くなった際に葬儀に参列できないという場合に役立つのが弔電です。しかし、日頃電報を送ったことがないとなれば、弔電は文章にすれば良いのかで悩むのは勿論のこと送り方やタイミングなどわからないことだらけなのではないでしょうか。ただ送れば良いというものではなく、マナーを守ることが大切になってきます。
 その際に注意しておかなくてはならないのが、相手の宗教による違いです。
 仏教の人が多い日本では、仏教のマナーに合わせた弔電が多いですが、中にはキリスト教や浄土真宗といったその他の宗教の人もいます。その際には、文章は仏教の人と同じで良いわけではないということは頭に置いておくようにしましょう。

 慣れ親しんでいる間柄の人が亡くなった場合でも、案外相手の宗教のことは知らなかったというは人はかなり多いのではないでしょうか。知らずに弔電を送ってしまうと、内容によっては故人はもちろん遺族中も失礼に当たってしまう事になり、知らなかったでは済まされないケースもあるので注意しなくてはなりません。
 そもそも、弔電自体を取り入れているのかという事も事前に確認しておくようにしましょう。相手の宗教がわからない場合には、どの宗教であった場合でも角が立たない内容にするという配慮もある程度はしておかないといけないということも忘れてはいけません。


 弔電を送る際には、数ある電報を取り扱っている業者の中から、どの業者を選べば良いのかという点で頭を悩ませる人が多いです。それぞれの業者により異なる点は多々あり、料金や送ることができる文字の数、そして申し込むことができるタイミングなど様々な違いを把握してから選ばなくてはなりません。
 その中の一つとして、様々な宗教に適している文章の例文がある業者を選んでおくようにすることも大切です。実績が豊富にあり、長年の運営となればその分マナーにも詳しく様々な宗教の人に弔電を届けたことがあるので、頼りになることは確かです。
 複数の業者がある中でどんな違いがあるのかという点を良く比較し、サポート体制の整っている業者を選ぶことでどんな宗教の人に送る弔電でも安心できるのではないでしょうか。

次の記事へ